歯を失う原因 「歯周病」 歯が抜けてしまうおそろしい病気です!

歯周病は歯科の三大疾患の一つで、成人の8割以上が罹っている、歯の喪失原因第1位の病気です。実はむし歯は第2位なのです。むし歯が全くない歯でも、歯を支える部分=歯周組織が侵されれば歯は正常に機能できず抜け落ちてしまいます。歯周病はある限度を越えてひどくなると、治療しても回復は望めず手遅れになります。しかし早期に治療すれば簡単な処置で健康な状態を末永く保つことが可能です。入れ歯になることを避けるためには、健康な状態のうちからケアする事が重要です。歯周病は歯ぐきが腫れた状態となる歯肉炎(しにくえん)から始まり、歯ぐきの内側で歯を支えている主役=あごの骨が溶けてしまう歯周炎(ししゅうえん)に進行します。


歯周病はどのようにして進行するのでしょうか?

歯ぐきがはれ、出血する

歯肉(歯ぐき)が赤く腫れ上がり、歯を磨いたりリンゴなどをかじったりすると出血します。

口臭を感じるようになる

ポケット(歯肉と歯の間のすき間)が広くなり、そこから出血したり膿が出たりして口臭を感じる場合があります。

歯がぐらついてくる

ポケットでの炎症が慢性化し、歯根膜、歯槽骨が先端部より溶けてきます。口臭もあり歯が浮いた感じがします。

硬いものが食べられなくなる

歯根を支えている歯槽骨がほとんど溶けてしまいます。歯根が露出し、歯のぐらつきがひどくなります。硬いものは食べられません。

歯周病の原因、プラークとは?

歯周病(骨の破壊)につながる歯肉炎は、歯に付着しているプラークが原因だということを述べました。ここではこの“プラーク”について考えてみましょう。原因を取り除くことが病気の治療の大原則ですからね。

「歯周病」と「むし歯」は歯科の2大疾患とされ、歯を抜く原因の約8割をこの2つの疾患で占めています。この2つの病気の根本の原因は、実は両方とも「歯垢=デンタルプラーク Dental Plaque」であることがわかっています。つまりプラークとはあなたの歯と歯ぐきにとって非常に悪いものなのです。それではこのプラークとは一体なんでしょうか?

ほとんどの方がプラークは食べかすなどの汚れが歯に付着しているものと思っていらっしゃるようです。が、実はプラークは生き物、正確にはお口の中に生息している細菌の塊です。驚かれた方もいらっしゃるでしょうか?実際には人の体の中で一番細菌が多くて汚いところはお口の中なのです。その細菌が病気を引き起こすのです。

「むし歯」はヒトが食べた食物をプラーク細菌が代謝することで酸を作り出し、その酸で歯が溶かされるという病気です(砂糖が直接に歯に穴を開けるわけではありません)。一方「歯周病」は歯の周囲に棲む細菌が毒素を出すなどして歯ぐきに炎症を起こすという病気なのです。

多くの皆さんが毎日歯みがき(=プラークコントロール)をなさっていると思います。歯みがきとは細菌からお口の健康を守るため、お口の中で増殖し続ける細菌を自分自身で減らすことが目的なのです。これが“プラーク”を“コントロール”するという意味なのです。歯みがきはお口の病気の1番の原因療法なのですが、多くの方は歯みがきをそんな風に考えたことはあまりないのではないでしょうか。


歯周病の治療・対処法

歯周病がどのような病気なのか、病気のメカニズム、その本質的な原因について詳しく述べました。ではそれにどう対処すればいいのかを具体的に述べたいと思います。

歯周病対策(治療)とは、お口の中を、細菌の少ない清潔な状態に維持すること、これに尽きます。そうすることで歯ぐきの炎症を鎮め、骨の吸収をストップさせるのが基本的な目的です。そのためには、以下のようなことがポイントです。

  • 歯石や歯垢を除去する。すなわち歯周病の基本治療。
  • 普段の歯みがきをしっかり行う(セルフケア)。
  • 定期的なメンテナンス(プロフェッショナルケア)。

具体的な治療の進め方は以下のようになります。治癒の見込めない重度の歯周病の場合は、初めに抜歯を行います。

  • 初回歯周組織検査(X線写真撮影、歯周ポケット測定等)
  • スケーリング(歯ぐきより上の歯石除去)
  • ルートプレーニング(歯ぐきに隠れた歯石の除去)
  • 再ルートプレーニング(場合によっては数回繰返す)
  • 外科的な処置
  • メンテナンス(歯の周りのクリーニング。数ヶ月~1年ごとに)

※各ステップごとに歯周組織検査を行い病状を把握します。
※この治療は必ずしも全てを行うのではなく、病状が安定した時点でメンテナンスに移行します。例えば、軽度の歯周炎の場合にはスケーリングからすぐにメンテナンスに入ります。
※歯垢を染め出しての歯みがきのチェックも適宜行います。

歯周病はその病状が進行すればするほど治療が複雑にかつ長期にわたり、また病気の進行を完全に食い止めることができなくなってしまいます。

▲ページの先頭へ戻る