審美歯科治療 - 歯のエステティクス -

話すとき、笑うとき、食事をするとき、歯の美しさで人に与える印象はずいぶん変わります。そのため欧米では昔から歯の美しさを非常に重視してきました。日本でも最近、肌や髪の毛と同様に歯への美しさを求める人も増えています。「歯を治療する」から「歯を美しくする」といった積極的な姿勢で歯科医院に来院される方もいらっしゃいます。白く、自然な歯はどんな花よりも美しいと言えば言い過ぎでしょうか?審美歯科治療で美しく輝く素敵な笑顔を手に入れることができます。


健康な歯を削らずに歯を白くする、ホワイトニング治療

ホワイトニングとは、健康な歯を削らずに歯を白くする方法です。もともとわずかに黄ばんだ色をしていたり、飲食によって着色、神経をとった後に歯が黒ずんでしまった、など原因はさまざまですが、それをより白くする方法です。その方法には、歯科医院のみで行うオフィスホワイトニングと、おもに家庭で道具を使って行う、ホームホワイトニングに分けられます。当院ではより安定した効果が期待できる方法として、ホームホワイトニングを採用しております。

歯形に合わせた専用のマウスピースを作り、自宅でそのマウスピースにホワイトニング剤を入れて1日に数時間装着し、これを繰り返して歯に作用させる方法です。低濃度の薬剤を使いますので、副作用が少なくホワイトニングができます。一般的に上顎のみで3日~2週間ほどで効果が得られます。時間をかける分薬剤が深くまで浸透しますのでホワイトニング効果が高く、オフィスホワイトニングよりも効果が持続することが特徴です。自分で効果を見ながら自由に行える点(毎日行う必要もない)や、費用の面でもオフィスホワイトニングよりも低料金で行えることなどがメリットです。反面、やや手間がかかることがデメリットとなります。

審美補綴の治療で「より美しく、自然な歯を」取り戻しましょう!

セラミックインレー

インレーとは、むし歯を削り取った後の歯に埋める詰め物です。インレー(詰め物)には従来アマルガムや金属が使用されてきましたが、黒く目立ち、見た目にはよくありませんでした。セラミックを使用することにより、治療箇所が目立たず、健康的に見えます。

セラミッククラウン/ブリッジ

クラウンとは、むし歯を削り取った後に歯の全体を覆う被せ物。ブリッジとは欠損歯を両側の歯を支えにして修復する治療方法です。むし歯の進行具合によっては被せ物やブリッジによる治療となります。セラミックを使用することで、金属や歯科用プラスチックでは得られない透明感のある白い歯の輝きを取り戻すことができます。


セラミック / ハイブリットセラミック (審美補綴の素材 )

セラミック
医療用のファインセラミック(陶材)。耐久性に優れ、限りなく天然歯に近い色調を再現します。
ハイブリッドセラミック
ファインセラミック(陶材)を極限まで多く含む樹脂の混合剤。耐久性に優れ加工性もよく歯科医療用として幅広い治療に適応できます。

保険適用の硬質レジンも優れた材料ですが、吸水性があるため、使用期間中に臭いがついたり、変色することは避けられません。 セラミックは吸水性がないため、臭いも変色もなく美しさを保ちます。

  レジン(プラスチック) セラミック ハイブリッドセラミック
黄色く変色する 変色しない 変色しにくい
透過性 低い 非常に高い 高い
摩耗 擦り減りやすい 擦り減らない 擦り減りにくい
保険 適用 適用外 適用外

審美歯科治療 症例

症例 1

前歯は治療されていた所が欠けてしまいました。詰める方法では咬む力に対する強度が足りないため、歯全体を審美的に被せる形で治療しました。犬歯などにもむし歯ができていますが、こちらは保険の範囲でできる詰める方法で治療しきれいになっています。

症例 2

前歯2本に被せる形で治療がされていましたが、むし歯の原因が治っていなかったので歯ぐきの際から、またむし歯になってしまいました。歯に被せた冠を除去しむし歯をきれいに削除して、新しくメタルフリーで審美的に被せなおしました。被せた物の色も周囲と調和するように修正されています。今度こそしっかりケアできればもうむし歯で被せなおす必要もないでしょう。歯のクリーニングも行って全体に白くてきれいな歯になりました。写真では目立ちませんが奥歯も銀歯が白い歯になっています。口元全体の雰囲気が明るくなっていますね。

症例 3

ここでは保険の範囲で行った治療をご紹介します。右上のむし歯と左下の銀歯を治療しました。
それぞれ根管治療(歯根内部の消毒)を行ってから、保険の利く材質(プラスチック)で被せました。セラミックより強度やきれいさでは劣りますが、しっかりメンテナンスしていければよい状態を維持していけるでしょう。

右側からみた写真です。右上小臼歯の銀歯も被せなおしました。銀歯の再治療はただ見た目だけの問題ではなく、むし歯の再発で歯の中に細菌が入り歯の根の周囲に炎症(根尖性歯周炎)を起こしていたためです。この場合、銀歯をはずして歯の中を再度消毒(感染根管治療)したのちに被せなおすことが必要です。根尖性歯周炎は多くの場合症状なく進行するため、大きなむし歯でいわゆる神経(歯髄)をとった経緯のある歯では注意が必要です。

左側面の写真です。小臼歯は保険適用のプラスチック(ジャケット冠)にしました。その奥の大臼歯は保険の範囲では金属冠になります。そのため手前に位置する小臼歯は保険にして、奥の大臼歯のほうを保険外のセラミックにされる方もいらっしゃいます。左下犬歯はこれも神経がない歯ですが被せる形になっていないため歯の変色が見られます。しかしむし歯や根尖性歯周炎は認められず、ご本人の希望もありとりあえず治療は行いませんでした。今後の経過を見ていく必要はあるでしょう。当クリニックでは通常歯周病の治療も併せて行いますので、歯ぐきの状態もきれいになっているのがお分かりになるでしょうか。歯だけを良くしても歯を支える「歯周」が健全でなければ歯を失うことになってしまいます。

下の歯全体の写真です。左の大臼歯は銀歯になりましたが、咬む機能の面では問題ありません。右の小臼歯もむし歯で銀歯が取れていたのでジャケット冠で被せました。
保険の範囲でもこのような治療をすることができます。治療方法の選択肢はいろいろとありますので、よく相談していただいて自分に合った方法を考えていきましょう。

症例 4

こちらは前歯1本と奥歯の治療をしています。前歯には保険の利く被せものがありますが、歯の中に細菌が入って上方の歯ぐきには顎骨内に膿がたまっての腫れが見られます(根尖病変)。歯の中の消毒(歯内治療)を行い歯ぐきの腫れがなくなりました。その後この歯だけセラミック修復をして健全な下の歯との色調が合わせられました。その他の保険でのプラスチックの前歯は予算の都合でいずれ代えたいとのことです。同じ「白い歯」であってもこれだけの違いがあるということがお分かりいただけるでしょうか。セラミックは変色しない利点がありまた生体親和性が良く周囲の歯ぐきもきれいになりました。
左の銀歯(向かって右)はニコッと笑うと目立って見えやすい部分ですが、こちらも2次カリエス(詰めた後のむし歯)ができていたのでセラミックで修復しました。これでこちら側は笑っても銀歯がキラリ、ということはなくなりました。

症例 5

左上の前歯がむし歯になりました。深いむし歯でしたので歯髄を取り除き根の中を消毒・充填(根管治療)しました。根の中に歯の土台となる支台(コア)を作りました。治療中の写真はグラスファイバーコアを歯につけて、被せる形を削って作ったところです。被せる場合は台座の形にしないと上からぴったりとはまるようにできないのです。被せる歯(クラウン)はオールセラミックで作りました。

▲ページの先頭へ戻る