むし歯はなぜできるの?

体の中で一番硬い部分、それは歯の表面にあるエナメル質です。そんなに硬い歯がなぜむし歯になって穴が開いてしまうのでしょうか。

むし歯の原因
【むし歯の原因】 脱灰(だっかい)が起こる!
実はヒトの歯の表面には目に見えるほどプラーク(歯垢)という形で細菌が大量に棲んでいます。そこに食物(糖質)が供給されると細菌は急速に、大量に酸を作り、プラークはすぐに強い酸性になります。こうなってはいかに硬い歯でも強い酸に溶かされてしまい、歯のカルシウム分が失われてしまいます。これを歯の脱灰(だっかい)と言います。
【でも大丈夫!】 唾液が歯を保護してくれる
しかし酸は唾液が中和してくれます。そしてこの脱灰が短い時間であれば、歯の表面がわずかに溶かされるだけで済みます。この程度であれば溶かされた部分には唾液などからカルシウム分が補給されて修復されます。これを再石灰化(さいせっかいか)と言います。実はむし歯は毎日何かを食べるたびにできていて、できるたびに修復されているのです。唾液は何気なく、でも強力に歯を保護してくれているのです。
【それでもむし歯ができるのは?】 むし歯は生活習慣病
ところが何かを食べた後そのまま長時間歯をみがかなかったり、おやつを頻繁に食べたりすると、歯が酸にさらされる時間が長くなり、脱灰ばかりが進んで再石灰化が起こらないので、むし歯はどんどん大きくなってしまいます。これがむし歯のできるメカニズムです。むし歯はこういったことから生活習慣病とされているのです。

むし歯の進行

【 軽度:C1 】 (ウ蝕第1度)
軽度:C1 歯の表面をおおっているエナメル質が脱灰(歯が溶ける)している状態です。痛みはあまり感じませんが、歯の表面が白くにごっていたり、茶色などに着色してザラついていたりします。まだ穴になっていません。きちんとした歯みがきや、フッ素を塗ることによってむし歯を防ぐことができます。
【 中等度:C2 】 (ウ蝕第2度)
中等度:C2象牙質の層にまで進んで穴があいている中等度のむし歯です。冷たいものを食べたり飲んだりすると歯がしみます。治療は麻酔を使う場合もあり、詰め物も型を取る必要があるので、多少治療に時間がかかります。削る部分が広い場合などは、詰め物ではなく、クラウンになる可能性があります。
【 重度:C3 】 (ウ蝕第3度)
重度:C3むし歯が大きな穴になって象牙質のすべてに及び、歯髄(神経)まで達した深在性ウ蝕です。治療に行かずに我慢していると、痛みが消えることがあります。これは神経が死んでしまっただけでむし歯が治ったわけではありませんので、忘れた頃に歯ぐきが腫れて食事ができなくなったり、歯がボロボロになって割れてしまったりします。
【 末期:C4 】 (ウ蝕第4度)
末期:C4歯がくずれて根っこだけが残ってしまった状態です。このままにしておくと歯髄が腐敗してしまい、さらに歯周病へと進んでいきます。根の状態が良ければ義歯を入れることもできますが、ほとんどの場合残すことはできずに抜歯になります。

むし歯を予防するには?

食べる回数が最重要ポイント!!

最も重要なことは食べ物を食べる頻度です。むし歯ができてしまうのは、歯みがきができないからとか歯が弱いからなどど思いがちですが、実は、食間に甘いものをだらだらと食べたりジュースを飲んだりすることで、常に歯の脱灰ばかりが進んでしまい、再石灰化が起こる暇がなくなることが一番大きい要因です。お酢のドリンクなど酸性食品で直接歯が溶かされることもあります(酸蝕歯)。歯にも休息の時間をあげるようにしてください。

間食はなるべく取らないようにし、取るにしても甘いものはなるべく避けましょう(砂糖が全くだめではありません)。キシリトールなどを使ったむし歯の原因にならないお菓子(マーク付の物)を利用するのもよいでしょう。ガムをかんで唾液を出すことは、酸の中和と再石灰化を促す効果もあります。

もちろん歯みがきも!
もちろん食べたらすぐ歯みがきをして、お口の中の細菌を少なく保つことも大事です。できれば毎食後、朝と晩くらいはしっかりと歯みがきができるといいでしょう。また、歯の周りの細菌は歯ぐきにも炎症を引き起こし、歯周病を発症させます。歯周病予防のためにも歯みがきは欠かせません。
歯も強化できる!?
また、確実にむし歯予防の効果があるものとして、歯にフッ素を取り込ませ再石灰化を促進させたり、カルシウム分(リカルデントなど)を供給して歯を強くしたりする方法があります。
予防の効果を確認しましょう
むし歯の発生に自分で気づくのはまず不可能です。定期的な検診を受けることもむし歯の進行を防ぐためにとても大切です。

▲ページの先頭へ戻る