インプラント治療

「インプラント」とは、むし歯や歯周病などで歯を失った場合に、骨に直接維持を求めた人工の歯のことを言います。従来歯を失った場合には、失った歯の両隣の歯を削って橋を渡して歯を入れる「ブリッジ」や、取り外しの「義歯(入れ歯)」を作るしかありませんでした。 「ブリッジ」は失った歯の両隣の歯を削る必要があり、その歯に咬む負担が余計にかかるなどの問題があります。場合によってはその支えの歯の寿命が短くなったりすることがあります。「義歯」は歯を削りませんが、取り外して清掃する必要があり装着感が良くないこともあります。 両者の欠点を解決する治療法が「インプラント」なのです。

当クリニックではより良い治療、お口の状態をご提供するためにストローマンインプラントを採用しています。


インプラント治療の流れ

カウンセリング
患者さんの歯に関するお悩みやご要望をお伺いします。この時点で基本的な治療の進め方などをご説明します。
各種検査
インプラント治療を受けられるかどうか、健康診断やレントゲン撮影などを行い判断します。 重度の糖尿病を患っている場合などは、インプラント治療は受けられません。
一次手術
歯ぐきを切開し、そこにインプラント体を埋入します。麻酔を使うので痛みは伴いません。
治癒期間
インプラント体と顎の骨が結合するまで治癒期間を設けます。埋入する場所や個人の治癒力によって治癒期間の長さが変わってきます。
人工歯装着
インプラント体と顎の骨の結合が確認できましたら、型取りして作製した人工歯をインプラント体に装着します。
メインテナンス
定期的にご来院いただき、メインテナンスを行います。インプラントを長持ちさせるためには、毎日のブラッシングと定期的なメインテナンスが必須です。

▲ページの先頭へ戻る